カテゴリー別アーカイブ: 養育費

子連れ離婚には養育費の公正証書をお忘れなく

私が働いているスーパーに、パートとして入ってきたA子さんのお話しです。
まるでドラマを観ているようなお話でしたが、本当にこんな現実があるんだと思いました。
以下は、A子さんのお話しです。

旦那が会社の部下と不倫。
「ある女性と暮らしたいから、俺と別れてくれ」と言われ、3歳になる娘の手を引いて家を出ました。
日曜日も「休日出勤だ」と言って家にいない。平日は「出張だ」と取って付けたような言い訳をして家に帰らない。

でも、給与明細を見ても出張手当などは書かれていなくて、いつしか給与明細すら渡してもらえなくなりました。

こんな毎日が続けば、鈍感な私でも「女ができたんだな」と気づきます。

私は、こんな不実な夫を家で待つことに耐えられなくなっていましたが、娘のためにあえて素知らぬ顔を見せて、「日曜日の出勤や出張手当も付かない出張ご苦労様です」と嫌味たっぷりに言っていました。

そんな私の態度にキレた旦那は離婚を切り出してきました。
浮気夫に嫌気が差してた私は、「慰謝料と子どもの養育費を払うなら別れてあげるわよ」と答えました。

妻子ある男性が不倫をして本気になり、相手の女性といっしょになりたくて離婚するというのはよくある話です。

多くの場合、旦那から離婚を迫られた女性は動揺してしまい、満足に慰謝料をもらえず、子どもの養育費についてもきちんと取り決めをせずに離婚してしまいます。

薄々、旦那に女の影があることに気づいていた私は、絶対に子どもの親権は母である私が取ること。
そして、慰謝料と子どもの養育費についても必ず払わせるために公正証書を取ることを決めていました。

公正証書があれば、もしも元夫が養育費の不払いを起こしても、給料や財産を差し押さえることができるんです。

ただ、現実的には公正証書を取らないままに離婚に応じる女性が多く、養育費の不払いに泣くケースが少なくありません。

もしもあなたが、公正証書を取らないままに離婚をして、子どもの養育費を払ってもらえていないのなら
養育費を払ってもらえない女性必見のサイトです!」をぜひ参考にしてください。

面会交流はよく話し合って

離婚した夫婦に子どもがいる場合、どちらかが親権者となって子どもを引き取り監護者となります。
多くの場合は母親が親権者および監護者になっているのが現状ですが、離婚後に問題となるひとつが、子どもと離れた親との面会交流です。

子どもには父と母の双方から愛情を受ける権利があり、それは両親の離婚しても変わるものではありません。

たとえ父親が身近にいなくても、父子が会い交流をすることは、子どもの成長に欠かせないことだと言えます。

ところが、父子の面会交流について、母親が極端に嫌がったり、場合によっては子どもに会わせないこともあり、大きな問題になっています。

たとえば、子どもを連れ去る可能性があったり、子どもに暴力を振るう危険性がある場合には、父子の面会交流が制限されるのは当然のことです。
しかし、子どもの心身に何のリスクがないケースでは、積極的に父子の交流を認めることで養育費をきちんと払い続けてもらったり、子どもの情緒が安定するなど多くのメリットがあります。

離婚は夫婦間の問題ですが、いちばん影響を受けるのは子どもです。
父母ともに、親であることの自覚を持って、離婚後も子どもファーストの気持ちを持ち続けてほしいものですね。

養育費不払いを解決する方法

それぞれの離婚事情

現在26歳のA子さんは、離婚がきっかけでシングルマザーになり、幼い2歳の男の子を育てている看護師さんです。

A子さんの夫だったB男さんは、A子さんより3歳年上。中堅の食品メーカーに勤めていたのですが、子どもが生まれてから引きこもり気味になってしまい、家族とのコミュニケーションができなくなり、会社も解雇されてしまいました。
続きを読む それぞれの離婚事情

養育費はきちんともらおう

離婚すると、養育費は親権を持たない側の親が払わずにいることが多いみたいです。離婚した理由にもよりますが、養育費はいらないとされる夫婦もいらっしゃいますね。しかし、養育費は夫婦で決めるものではなく、あくまでも子どもの権利です。どんな理由はあったにして
も、もらう権利が子どもにはあるのできちんと主張していいんです。
続きを読む 養育費はきちんともらおう