面会交流はよく話し合って

離婚した夫婦に子どもがいる場合、どちらかが親権者となって子どもを引き取り監護者となります。
多くの場合は母親が親権者および監護者になっているのが現状ですが、離婚後に問題となるひとつが、子どもと離れた親との面会交流です。

子どもには父と母の双方から愛情を受ける権利があり、それは両親の離婚しても変わるものではありません。

たとえ父親が身近にいなくても、父子が会い交流をすることは、子どもの成長に欠かせないことだと言えます。

ところが、父子の面会交流について、母親が極端に嫌がったり、場合によっては子どもに会わせないこともあり、大きな問題になっています。

たとえば、子どもを連れ去る可能性があったり、子どもに暴力を振るう危険性がある場合には、父子の面会交流が制限されるのは当然のことです。
しかし、子どもの心身に何のリスクがないケースでは、積極的に父子の交流を認めることで養育費をきちんと払い続けてもらったり、子どもの情緒が安定するなど多くのメリットがあります。

離婚は夫婦間の問題ですが、いちばん影響を受けるのは子どもです。
父母ともに、親であることの自覚を持って、離婚後も子どもファーストの気持ちを持ち続けてほしいものですね。

養育費不払いを解決する方法