養育費はきちんともらおう

離婚すると、養育費は親権を持たない側の親が払わずにいることが多いみたいです。離婚した理由にもよりますが、養育費はいらないとされる夫婦もいらっしゃいますね。しかし、養育費は夫婦で決めるものではなく、あくまでも子どもの権利です。どんな理由はあったにして
も、もらう権利が子どもにはあるのできちんと主張していいんです。

養育費をどうやって決めていいのか分からない方もいらっしゃいますが、年収によって算定されています。インターネットでも簡単に算定表を検索することができますし、子どもが成人になるまで当然払われるべきものです。

養育費を支払ってもらうためには、あらかじめ公正証書をきちんと作成しておくことをおすすめします。公正証書があれば離婚に関して決めたことを明文化できますし、支払われなかった時に法的な効力を持ちます。

離婚したいと思ったとしても、将来にわたって子どもを育てていくために必要なお金ですから、感情に任せて後で後悔しないように作成することをおすすめします。

養育費は、事前に夫婦で話し合って決めておかないと何度も足を運ぶことになります。養育費について了承を得られないのであれば弁護士さんに相談しましょう。

養育費の算定表というものがある以上、払いたくない、払えないという事態を回避できますし、払う側も決めておくと養育費の請求も変動することなく過ごすことができます。

離婚を回避できればそれにこしたことはありませんが、子供のためにも養育費はしっかりともらうようにしましょう。

養育費を弁護士費用0円で払わせるには