消費者金融と特定調停

特定調停というのは、債権者である消費者金融と裁判所を挟んだうえで話し合いをすることで、任意整理よりもわかりやすい多重債務の解決方法とも言われています。裁判所が間に入ってくれることで、任意整理の時のように弁護士に依頼したり、司法書士に頼まなくても消費者金融と利用者だけで話し合いを進めることができます。

話し合いで決まった返済計画の効果がかなり大きくなるのも、任意整理とは違っているポイントだと思います。消費者金融の返済に困って特定調停をした後に作られる調停調書には確定判決と同じくらいの力があります。もしも調停調書で決められた計画の通りに返済することが出来ない場合には、消費者金融は給与の差し押さえなどをすることができますから、注意しましょう。

裁判所が間にはいるということと、調停調書が作られるということ以外は、それほど任意整理とは違いがないのですが、だいたい3年を目標にして利息制限法の上限金利を採用した返済計画が決まりますから、今まで長い期間高い金利で消費者金融から借入をしていたという人は、返済額がかなり減らせるようになると思います。

それまでに消費者金融から取り立てを受けていたという人も手続きをすれば禁止になりますから、その点でも任意整理と同じです。クレジットカードの審査は通りませんし、消費者金融への申込も5年はできなくなりますから、しっかりと覚えておきましょう。

消費者金融の多重債務で首が回らなくなってしまったら、任意整理か特定調停のどちらがいいのでしょうか。どちらも同じような中身なので、どちらを選べばいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。一応、収入がある程度ある人で、借金の減額をしてから3年くらいで返済ができると見込まれている人の場合には、任意整理がいいかもしれません。特定調停の場合には、5年はクレジットカードや消費者金融の利用が出来なくなります。

自分がどこまでできるのかによって変わってくると思います。特定調停は、自分で手続きが出来るので費用を抑えることはできますが、話し合いに出ないといけませんからその分時間も手間もかかります。しかし任意整理になると、弁護士などに依頼できますから、費用はかかっても手間や時間を省くことができます。その点がこの二つの違いですから、どちらを選ぶかは、最終的には自分の判断ということになるのではないでしょうか。
http://日本保証請求.site