親の死亡後に知った借金

夫の父親が亡くなって5年ほどたった頃、突然一通の督促ハガキが届き、父親が2千万円の連帯保証人になっていたことが明らかになりました。母親もすでに他界していたので、夫の兄弟3人が債務を負うことになりましたが、死んだ父親からは連帯保証人の話は何も聞かされていなかったので、まさに寝耳に水でした。

なんら策が無いまましばらく放っておいたところ、再度通知が来て今度は裁判になるとのことで、弁護士さんに相談するしかないと言う結論になりました。夫が仕事の関係で顧問弁護士さんに相談したところ、相続放棄の手続きを聞かれ、そもそも亡くなった父親は相続するべき財産が無く、したがって相続放棄が必要なかったと答えると、死亡から5年は経っているけれど、連帯保証人の話は知らなかったことなので今から相続放棄の手続きをしなさいと言われました。

急いで必要書類を集め家庭裁判所に申請しましたが、3か月経っても何の連絡もありませんでした。その間にも地裁へ出頭するように連絡は来るので毎日がハラハラ、ドキドキで生きた心地がしませんでした。業を煮やした夫が家庭裁判所へ直談判に行き、事情を話してやっと相続放棄の手続きが完了したのは申請から5カ月ほど経った頃でした。夫がその書類を持って地裁に出頭して相続放棄が認められ、連帯保証の債務からも逃れることができました。
今になって思うと亡くなった父親の財産が全く無かったことが救いでした。もし相続する不動産や預貯金があったりしたら2千万円万の借金がのしかかるところでした。
闇金に強い司法書士